イラン、対米交渉を拒否

「大統領選の宣伝」と非難

©一般社団法人共同通信社

国営テレビを通じて演説するイランの最高指導者ハメネイ師=31日、テヘラン(最高指導者事務所提供、AP=共同)

 【テヘラン共同】イランの最高指導者ハメネイ師は31日、経済制裁を通じて圧力を強めるトランプ米政権に徹底して抵抗すると強調、核やミサイル開発を巡る米国との交渉には応じないと改めて表明した。

 ハメネイ師は国営テレビを通じた演説で、イランの核開発を阻み、軍事力を低下させ、中東での影響力をそぐことが米国の狙いだと主張、米国が呼び掛けてきた交渉には「反対する」と明言した。

 トランプ氏を念頭に「あの老人は北朝鮮との交渉と同じように、イランとの交渉を(大統領選の)選挙キャンペーンとして利用しようとしている」と指摘。「(対米交渉は)イランにとって何の得もない」と断じた。