神戸市 中央市民病院 手術を受けた患者が手術前から感染

©株式会社 サンテレビジョン

兵庫県内で7月31日、過去最多となる62人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。 また、神戸市立医療センター中央市民病院で手術を受けた患者が手術前から感染していたことが明らかになりました。

神戸市立医療センター中央市民病院

神戸市によりますと、7月27日に感染が確認された60代の男性は前日にPCR検査を受けていたにも関わらず中央市民病院は結果が出る前に手術を行ったということです。

中央市民病院ではこれまでに36人の院内感染が起きています。

病院では手術を担当した医師ら10人にPCR検査を行い、既に陰性であることが確認されています。