大阪ミナミ、休業や時短要請へ

警戒水準前倒しで引き上げ

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルスの対策本部会議を終え、記者の質問に答える大阪府の吉村洋文知事=31日午後、大阪市

 大阪府は31日、新型コロナの対策本部会議を開き、独自基準「大阪モデル」の警戒水準を前倒しで引き上げ、同日から黄信号の第2段階に移行すると決めた。大阪市の繁華街・ミナミでは接待、酒類提供を伴う飲食店やカラオケ店に対し、8月6日から20日まで休業や午後8時までの時短営業を要請する。

 要請対象は、御堂筋、堺筋、長堀通、千日前通に囲まれたミナミの中心部。この地域を対象にした検査所の陽性率が突出している。居酒屋など酒を出す飲食店には時短営業を要請。バー、ホストクラブといった「夜の街」関連の店とカラオケは、対策を取っていれば時短営業、講じていなければ休業を求める。