決算を読む JR東海 20年4~6月期 新型コロナ影響で初の赤字 移動自粛で鉄道利用大幅減 通期予想は引き続き未定

©株式会社中部経済新聞社

 JR東海が31日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、経常損益が1014億5900万円の赤字(前年同期は1886億9400万円の黒字)だった。03年の四半期決算開示して以降、第1四半期として初めて赤字に転落した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動自粛の影響で新幹線を中心に鉄道利用が大幅に減少した。21年3月期の通期予想は引き続き未定とした。