思わず触れたくなるラグジュアリーSUV「DS 3 CROSSBACK E-TENSE」の全貌は?

©株式会社マネーフォワード

DS Automobiles(Groupe PSA Japan)が6月に事前告知を行っていたピュアEV(電気自動車)である「DS 3 CROSSBACK E-TENSE」が発売を開始しました。すでにプジョーから新型e-208が発表されていることからも同グループの積極的な電動化戦略が伝わってきます。環境に配慮するだけでなく、ジュエリーのような高級感を付加したユニークなSUVについて解説します。


DSは第3のブランド

DSオートモビルというブランドは元々2009年に立ち上がったシトロエンの高級ブランドです。当時はサブブランド扱いでしたが、2014年に独立した単独ブランドとしてビジネスを展開しています。

日本では今回紹介する「DS 3 CROSSBACK」のほか、上位にあたる「DS 7 CROSSBACK」、そして日本未導入ながらエレガントな佇まいと最先端技術を搭載する「DS 9」をラインナップします。

取り回しのしやすいBセグメント

DS 3 CROSSBACK E-TENSEのボディサイズは全長4120×全幅1790×全高1550mm、ホイールベースは2560mm、とBセグメントに該当するコンパクトSUVです。特に昨今拡大傾向にある全幅は1800mm以内に抑え、さらに全高が1550mmに設定されているので都市部などの立体駐車場への入庫も容易です。

このモデルには最新の電動化プラットフォームである「eCMP」が採用されており、EV用にバッテリーやモーターなどを効率的に搭載することを可能にしています。

さりげなくEVであることを主張する

EVの高性能ぶりは後述するとしてやはりこのクルマのセースルポイントはラグジュアリーを謳ったデザインにあります。

元々DS 3 CROSSBACKはエクステリア&インテリアとも他車にはない、ある意味アヴァンギャルド(前衛的)とも言えるデザインが大きなセールスポイントでした。

この優れたセーリングポイントは生かしつつ、E-TENSEのみのオリジナルディテールをプラスしているのが特徴です。

とはいえ、ボンネット上のマスコットやサテンクロームのDSウイングやリアガーニッシュ、リアに配置されるE-TENSEのバッチ、専用アルミホイール(上位グレードの18インチサイズの名称は“KYOTO(京都)”、フランスの伝統色と言われる「アンスラサイト(無煙炭)」をモチーフにしたアントラシートグレーのグリルなどさりげなく差別化を行っています。

またボディカラーにも新色のクリスタルパールを設定。メタリックホワイトをベースにハイライト部分にはシャンパンゴールを遇った専用色となっています。

思わず触れてみたくなる質感高い内装

インテリアの基本造形はこれまでのICEバージョン(内燃機関モデル)を継承しています。

ひし形をモチーフとしたインテリアデザイン。インフォテインメントのほかHUDも設定します

それでもE-TENSEの上位グレードである「Grand Chic」にはダッシュボードやドアトリムにはオフホワイトのテップレザー、さらにシートのサイドサポート部にもオフホワイトのナッパレザーが採用されています。

そしてステアリングホイールまでもオフホワイトで仕上げることにより、画一的になりがちなクルマのインテリアにラウンジのような包まれ感を作り出しています。

フル充電で航続距離は398km

E-TENSEには前述したようにグループPSAで設計された新世代プラットフォームCMPのBEV版であるeCMPを採用します。

当初からEV搭載も考慮して設計されており、バッテリーの搭載によるラゲージや居住空間などを犠牲にすることがありません。実際ラゲージスペースもコンパクトなボディながら約350Lの積載量を誇ります。

搭載するパワートレーンは最新のE-TENSEテクノロジーを搭載した最高出力100kW(136ps)、最大トルク260Nmのモーター。気になる航続距離はJC08モードで398km、超高速モードを含む欧州WLTCモードでも320kmとなっています。

充電インフラにも対応

EVと言えば充電インフラのことが気になりますが、E-TENSEは日本の急速充電のスタンダードとも言える「CHAdeMO」に対応、50kWの充電器を使えば80%までの充電を約50分で行うことができます。

充電はCHAdeMO(急速)と普通充電に対応。写真は欧州仕様車でリッドランプは設定されない

また同時に普通充電にも対応しています。コンセント型の3kW 15A 200Vの場合100%充電までは約18時間。フル充電しないで近所にでかけるレベルの50km充電であれば約4時間弱で行えます。

さらにウォールボックス型の普通充電器を使うと出力が倍の6kWになるので、充電時間もそれぞれ約9時間(フル充電)約2時間弱(50km充電)とより実用性も向上します。

バッテリー保証に関しても8年または16万km走行、年会費無料のDSアシスタンス、EV専用のメンテナンスプログラム/延長保証プログラム、24時間365日のサポートなど充実。全国DSオートモビル正規販売店での充電器も今後は配備されるようなのでEVだから、という心配は無さそうです。

EVでも走りやエコを楽しむ

E-TENSEには電動モーターの特性を生かした3種類のドライブモードを搭載します。SPORT/NORMAL/ECOのモードはモーターの最高出力と最大トルク自体を切り替えることができるのでその違いは誰でも体感できるようです。

特にECOは最も航続距離を伸ばすのに最適で、その逆にSPORTはヴィヴィットなアクセルレスポンスによりスポーティドライビングを可能にします。

同時に回生ブレーキにも2種類のモードが設定されています。通常の「Dモード」はEVでもガソリン車に近いフィーリングになるようセッティングされているそうです。一方「Bモード」はアクセルオフで強めの回生ブレーキが働くのでアクセルのオフだけで減速できる「ワンペダルドライブ」のようなフィーリングが楽しめるそうです。

スマホアプリ「My DS」を使えば充電状況の確認(左)や遠隔エアコン操作(右)も行うことができます

この他にもADASなどの先進運転支援システムも搭載、昨今人気のスマホによるリモート充電やエアコン作動も可能としています。

DS 3 CROSSBACK E-TENSEの価格は高い基本性能を持つ「So Chic」が499万円、ADASも含めフル装備の「Grand Chic」が534万円となります。「So Chic」は受注生産モデルなので基本は「Grand Chic」一択というイメージ。環境にも配慮しながら、コンパクトで使い勝手の良いSUVに乗りたい、でも上質感で物足りなさがある、と感じている層には待望のモデルと言えるでしょう。