コロナ警戒で公共施設が休館 9市町村で今後拡大も

©株式会社琉球新報社

 新型コロナウイルスの感染拡大で沖縄県が警戒レベルを第3段階に引き上げたことを受け、琉球新報が確認したところ、7月31日時点で9市町村が公共施設の休館や利用停止を決めている。

 県立図書館は1~15日まで休館する。那覇市では7カ所の公民館が3日から休館。糸満市と沖縄市では1日から市立図書館の休館を決めた。南城市では1日から体育館、中央公民館が休館。北中城村では1日から中央公民館や村民体育館などが休館。与那原町では、1日から10日まで、町の公共施設はすべて休館とした。

 今後、ほかの自治体や県の施設なども順次休館や閉鎖が予想される。