ちとせよしの[インタビュー]VRで魅せたありのままの彼女感「付き合いたての楽しさを思い出してもらえたら」

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

ちとせよしの[インタビュー]VRで魅せたありのままの彼女感「付き合いたての楽しさを思い出してもらえたら」

佐賀出身のグラビアアイドル、ちとせよしのの初のVR作品『屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。』『ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。』(制作:FANTASTICA)が、PICMO VRの見放題サービスに加わった。ちとせのこだわりが散りばめられた2作品には、彼女の等身大の魅力が存分にとらえられている。その制作の過程のほか、上京して1年半になるという現在について話を訊いた。

【画像はこちら】

取材・文:山本奈緒

撮影:越間有紀子

裸なのかな?と思わせる2段階ドッキリになっています

――『屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。』と『ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。』は、ちとせさんにとって初のVR作品だったんですよね?

ちとせよしの:

そうです、昨年の6月くらいに撮りました。

――出演してみてどうでしたか?

ちとせよしの:

構成やしゃべることも自分で考えなきゃいけなくて、それが難しかったですね。DVD だと区切りながら撮るんですけど、VRはひとつなぎで撮っていくので、失敗できないっていう緊張感がありました。何を話すか考えてしゃべりながらカメラの中心を見て、同時にお腹をへこませるために力を入れたりとか、やることがかなり多くて大変でした(笑)。

――作品の設定についても、ちとせさんが決めたのでしょうか?

ちとせよしの:

大部分を私が決めました。観てくださる方が彼氏で、付き合ったばかりという設定なので、全編通して初々しい感じを出したくて。

――衣装もご自身で選んだそうですね。

ちとせよしの:

そうなんです。観ていて飽きないように、バラバラなものを選びました。『屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。』だったら、ビニールプールに入る前にどの水着がいいか彼氏と決めるんですが、変形のワンピース水着とビキニという違ったタイプを着てみています。

――ビニールプールに入ったのは、ビキニの方でしたね。

ちとせよしの:

ワンピース水着も可愛いし変わった形だからお気に入りだったんですけど、身体のラインがわかりやすいビキニの方が観ていて面白いかなっていうことで、ビキニになりました。それで最初は、ビキニの上にTシャツを着て水鉄砲の打ち合いをして。びちょびちょになっちゃって、脱いじゃおうみたいな感じのシチュエーションです。

――作品の中でも言っていましたが、なかなか大人になるとビニールプールに入らないですよね。

ちとせよしの:

そうですね。水のあるシチュエーションにしたかったので、スタジオでどうするかと考えた時にビニールプールになりました。保育園生ぶりに入りましたね(笑)。6月アタマの撮影でまだ寒かったのに、水鉄砲してびちょびちょになって、それに追い討ちをかけるように最後はアイスを食べるんですけど、もう無言になっちゃって(笑)。寒そうな感じになっちゃいました。

――あと、プールに入る前にはおにぎりを作って食べたり。

ちとせよしの:

ご飯がねちょねちょしちゃって、手が米粒だらけになっちゃいました(笑)。あれはハプニングだけど、カメラは止められないので、そのままになってます。

――もう1つの『ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。』は、どんなところがポイントになりましたか?

ちとせよしの:

面白くしたいなと思って考えたのが、まず湯船に浸かってるんですけど、もしかして裸かな?ってドキドキさせて。それで立ち上がるとタオルを巻いているんですが、その下は裸なのかな?と思わせて、実は水着でしたっていう2段階ドッキリになっているんです。

――VR ならではのドキドキする演出ですね。

ちとせよしの:

DVDは画面越しなので、やっぱり距離感があるじゃないですか。でも、VRは本当に目の前にいるような感覚が新鮮なんじゃないかなと思います。あと、お風呂に入った後にベッドの上でストレッチや筋トレをするんですが、腹筋する時に近づいたり離れたりするのがびっくりするというか、おお!ってなるのではないかなって。

――こちらの衣装については?

ちとせよしの:

最初はサテンの白いパジャマみたいなのを着ていて、脱ぐと白い下着なんですが、付き合い始めという設定を考えると、白かなって。私の中のおじさんが白を選びなさい!と言ってました(笑)。

――ストレッチの後は、明日は水族館に行こうってデートの相談をして、最後はおやすみと言って就寝します。

ちとせよしの:

個人的に、動物園か水族館だったら、やっぱり水族館の方が涼しいし快適だから好きなんですよね。あと、付き合いたてのシチュエーションなので、やっぱり段階を踏んでいきたいんです。

――自分の中で、人物のキャラ設定みたいなものが決まってたんですね。

ちとせよしの:

はい、私自身真面目なので、裸になるのはまだ早いかなと(笑)。全編通して、マイペースな感じが出ているかな。素の私に近いと思います。

――VR だとよりそれが伝わりやすい?

ちとせよしの:

そうですね、本当にデートしてる気分になってもらえたらと思います。

――ちなみに、ちとせさんが夜寝る時の格好はどんな感じなんですか?

ちとせよしの:

Tシャツと短パンです(笑)。

――初めてのVR作品を作ってみた感想は?

ちとせよしの:

やっぱり大変だったっていうのと、完成品を観たら目がキョロキョロしちゃってたところもあって。そこは反省点でした。撮影中は、その場で考えながらセリフをしゃべっているので、後で観た時に何を言ってるんだろ?ってなったりして面白かったです。

――ポロっと言っちゃった言葉も作品の面白さの1つ?

ちとせよしの:

はい、それが素の私なので、こういう子なんだって知って楽しんでもらえればと思います。

――では、こんな人に観てほしいというのはありますか?

ちとせよしの:

がっつりセクシーな感じじゃないので、1人でちょっと寂しい時とか、初々しい気持ちを取り戻したい方に観ていただければと思います。癒しを求めている方には、ぜひ彼女と付き合いたての楽しさを思い出してもらえたらです。

ちとせよしの

もっと身体を張れるお仕事を頑張りたい

――作品以外の話もお聞きしたいんですが、最近はYouTube でトレーニング動画を上げていますよね?

ちとせよしの:

私の身体は高校時代の暴飲暴食で出来上がったので(笑)、グラビアアイドルらしい、くびれた身体にしていきたいなと思って筋トレを始めたんです。バラエティ番組にちょくちょく出させてもらってるんですけど、“何か特技はありますか?”ってよく聞かれるんですよ。それで今、バーベルスクワットを頑張っていて、100 kgを目指しているんです。60kgまで上げられるようになりました。

――それはすごい!

ちとせよしの:

いつか特技になればいいなって。

――最近、みなさんが公開しているステイホーム中の軽い運動ではなく、けっこうハードなトレーニングをしてますよね。

ちとせよしの:

ガチでやってますね。私、よく食べるんですけど、ラーメン二郎行きました!とかSNSで書いたりすると、男のファンの方々が喜んでくれるんですね。一緒に食べに行きたい、とか言ってくれて。筋トレ動画も、“フォームが綺麗だね”とか“俺も筋トレ頑張れます”みたいなコメントがあって、身近に感じてもらえてるのかなって思ってます。

――ラーメン二郎に行きつつ、身体も鍛えるというのが男らしいというか。

ちとせよしの:

でも、最近食への欲の方が勝ってしまって、3kgくらい太っちゃったんですよ(笑)。ちょっと戻さなきゃって思っています。

――それだけハードなトレーニングしていたらすぐ戻りそうです。何かほかに動画で上げてみたいなと思うものはありますか?

ちとせよしの:

それこそ大食いの動画を上げてみたいなと思います(笑)。あと佐賀県出身なので、佐賀弁で質問に答えてみるとか、私ならではのことができたらいいなと思います。

――上京したのは、昨年の1月でしたよね?

ちとせよしの:

はい、まだ1年半ぐらいです。

――東京に来てみてどうですか?

ちとせよしの:

佐賀で住んでいるところが本当に田舎で、家の周りが全部田んぼなんですよ。出前も来ないような。だからこっちに来て、Uber Eatsがすごく楽しいんですよね(笑)。ボタン1つで玄関の前にご飯が来るっていうのが楽しくて。食欲が増したのは、そのせいもあります。

――戸惑うことはありませんか?

ちとせよしの:

電車の乗り換えがやっぱり大変です。まず駅がいっぱいあるっていうのがよくわからなくて。何々線とか言われても……JR以外知らないので(笑)。あと駅の出口がいっぱいあるじゃないですか。目的地にたどり着くのに1番近い出口を探すのが大変だったりとか。佐賀駅は、出口が2つくらいなんです。それから、六本木駅はなんか深すぎて怖いです(笑)。

――東京にずっといても、地下鉄は迷いますからね。

ちとせよしの:

あと、電車の揺れにも耐えられなかったんですよ。佐賀では電車に乗る文化があまりなくて、最寄り駅も9キロ先とか。全然電車に乗っていなかったので、揺れに慣れていなくて。でも都会の人って、つり革も何も持たずにスマホをいじれるじゃないか。それがすごいなって思って(笑)。私も最近は何も持たずに立てるようになりました。

――VRも挑戦だったと思いますが、今後挑戦してみたいことはありますか?

ちとせよしの:

グラビアでの目標は、漫画誌さんで表紙巻頭グラビアをやることですね。あとバラエティ番組への出演も増えてきているので、もっと身体を張れるお仕事を頑張りたいなって。出川ガールズになれたらいいなと。

――本当ですか!?

ちとせよしの:

この間も深夜のバラエティ番組で、特技ありますか?って聞かれて、1回しか練習したことがなかった水の速飲みっていうのをやりまして。それで失敗しまくって、けっこうウケたんです。青山テルマさん、平成ノブシコブシの吉村崇さん、渡辺直美さんの番組(『あの人がいいねした一般人』)だったんですけど、テルマさんがインスタのストーリーに“この子、超面白かったよね”って載せてくださって。やりがいを感じました(笑)。あと、機会があったら演技のお仕事もやってみたいなと思ってます。

――これからちとせさんが何に挑戦していくか楽しみにしています。最後にPop’nRoll読者にVR 作品の見どころを交えつつメッセージをいただけたらと思います。

ちとせよしの:

私の素の感じがとても出ているので、私のことをまだ知らない方に“こういう子なんだな”っていうのを知ってもらえたら嬉しいですね。すごく近くに感じられるのはVRならではなので、癒しになれればと思います。あとやっぱり2段階ドッキリは楽しいので、ぜひ観てください!

ちとせよしの

ちとせよしの サイン入りチェキプレゼント

作品情報

『屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。』

『極-kiwami-』シリーズに佐賀出身の19歳、Hカップダイナマイトボディちとせよしのちゃんが初登場! 彼氏の貴方と同棲しているよしのちゃんが下着にエプロンというセクシーな恰好でおにぎりを握ってくれ、朝から幸せな気分を味わえる! 水着のお披露目会をしてから屋上のビニールプールへ! 水をかけあいはしゃぎつつもTシャツから濡れて透けるそのビキニ姿にドキドキが止まらない……。

【配信情報】

配信日:PICMO VRで見放題配信中

収録時間:31分

メーカー:ファンタスティカ

コンテンツタイプ:3D/音声:バイノーラル録音作品

『ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。』

『極-kiwami-』シリーズ、佐賀出身19歳Hカップダイナマイトボディのちとせよしのちゃん出演第2弾! 同棲中のよしのちゃんとたっぷり遊んだ後は一緒にお風呂!? セクシーな姿に見とれること間違いなし! 1日の終わりにベッドでよしのちゃんとイチャイチャする至福のひと時をぜひ。

【配信情報】

配信日:PICMO VRで見放題配信中

収録時間:31分

メーカー:ファンタスティカ

コンテンツタイプ:3D/音声:バイノーラル録音作品

ちとせよしの