列車にはねられ男性重体 未明の西高岡駅、ホームで倒れる

©株式会社北日本新聞社

 2日午前0時5分ごろ、高岡市立野高池町のあいの風とやま鉄道西高岡駅構内で、同市樋詰、会社員、高木大さん(27)がJR貨物の貨物列車にはねられた。高木さんは厚生連高岡病院に運ばれたが、頭を打ち意識不明の重体。

 高岡署によると、高木さんが駅ホームで倒れているのに運転士が気付き、ブレーキをかけたが間に合わず、線路側にはみ出ていた頭部と車体がぶつかった。

 貨物列車は新潟から大阪へ向かう19両編成。最終電車の後に事故が起きたため、当該貨物列車以外の運行に影響はなかった。

 同署が、高木さんが倒れていた原因などを調べている。