ケンタッキー、ドライブスルーでETC決済 8月3日より相模原中央店で試行

©株式会社イード

KFC相模原中央店

NEXCO中日本は試行運用実施会社と共働で、8月3日から11月30日まで、ETC多目的利用サービスのドライブスルーでの試行運用をケンタッキーフライドチキン相模原中央店(神奈川県相模原市)で実施。試行運用に協力するモニターの募集を開始した。

今回の試行運用では、従来、利用客が商品受渡口で現金またはクレジットカードで料金を支払っていたものを、ETCによって決済するというもの。ドライブスルーでETC多目的利用サービスを行うことで、キャッシュレス化による利便性の向上や決済処理の効率化、接触機会の低減による新型コロナウイルスへの感染予防などの効果が期待される。なお、ETC多目的利用サービスを利用したドライブスルーは、日本で初めての取り組みとなる。

試行運用には、NEXCO中日本(ETC無線のセキュリティ管理)のほか、沖電気工業(民間利用のETCアンテナ開発)、ソニーベイメントサービス(ETCのクレジットカード決済代行)、日本ケンタッキー・フライド・チキン(試行運用場所の提供、運用)、メイテツコム(各ETC対応システム機器の連携システム構築)の4社が参加する。各社は、ETC多目的利用サービスの拡大に向けて、国土交通省の指導のもと検討を推進。ネットワーク型ETC技術を活用することで安全なシステム運用が可能となったことから、今回、実店舗での試行運用を開始し、技術面・運用面の検証を行う。

試行運用モニターは、ケンタッキーフライドチキン相模原中央店のドライブスルーが利用でき、指定するクレジットカードを所持または入会の上、クレジットカードに付帯するETCカード番号を登録可能なドライバーを対象に11月13日まで募集する。期間中、ドライブスルーでETC多目的利用サービスを利用した場合、購入商品を1割引とするなど、特典も用意する。