ツインズ完封勝利 前田が6回1安打無失点で今季2勝目

©MLB Advanced Media, LP.

【インディアンス0-3ツインズ】@ターゲット・フィールド

ツインズはインディアンス先発のカルロス・カラスコから3本のソロ本塁打を放ち、5回までに3点を先行。先発の前田健太が6回無失点と好投し、トレバー・メイ、コディ・スタシャック、テイラー・ロジャースとつなぐリレーでインディアンス打線をわずか2安打に封じ、3対0で完封勝利を収めた。好投した前田が今季2勝目(0敗)、4番手のロジャースが今季3セーブ目を記録。カラスコは6回3失点と試合を作ったが、今季初黒星(1勝)を喫した。

インディアンス先発のカラスコに対し、ツインズは3回裏にミゲル・サノーの1号ソロで先制。4回裏にエディ・ロサリオの2号ソロ、5回裏にはサノーの2打席連発となる2号ソロが飛び出し、リードを3点に広げた。インディアンスは5回表一死からブラッドリー・ジマーの内野安打で前田のノーヒッターを阻止したものの、打線が機能せず。わずか2安打に封じられ、完封負けとなった。

今季2度目の先発登板に臨んだ前田は、3回表に三者三振を奪うなど、安定感抜群のピッチングを披露。5回表一死からジマーに初安打を許したが、後続5人を打ち取り、6イニングを無失点に抑えた。6回83球を投げて被安打1、奪三振6、与四球1、失点0という見事なピッチング。今季2勝目をマークし、防御率は1.64となった。