北陸と東北南部が梅雨明け

昨年より9~8日遅く

©一般社団法人共同通信社

水着姿で日光浴を楽しむ女性たち=2日午後、福島県いわき市の薄磯海岸

 気象庁は2日、北陸と東北南部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年や昨年より北陸は9日遅く、東北南部は8日遅い。向こう1週間は高気圧に覆われ、晴れる日が多くなりそうだ。

 梅雨期間(6月11日~8月1日)の総降水量(速報値)は新潟市が727.0ミリ、山形市が533.5ミリでいずれも平年値の2倍を超えた。金沢市は738.5ミリ、仙台市は438.5ミリでそれぞれ平年値の約1.9倍、約1.5倍に達した。

気象庁本庁