わかやま電鉄、実写版「電車でGO!」参加者募集

©株式会社和歌山放送

和歌山電鐵では、現役車両の運転体験、実写版「電車でGO!(ゴー)」を、今月(8月)22日・23日に開催することになり、参加者を募集しています。

このイベントは、本来、電車の運転士免許を取得しなければできない電車の運転を、現役の車両を使って、貴志川線の車庫内をおよそ40メートル運転体験できるものです。

体験会が行われるのは、今月(8月)22日・23日の2日間で、時間はいずれも午前9時半からと午後2時からの2回、各回の定員は1人です。

参加できるのは、中学生以上で、参加費は1万円、事前の申し込みが必要です。申し込みの受付は、今月11日午後5時半までで、和歌山電鐵のウェブサイト内にある受付フォームから申し込むことができます。

和歌山電鐵の担当者は、「これまでは、毎年、夏休みに子ども向けの交通教室を開催していましたが、今回初めて大人向けのイベントを企画しました。参加できる人数が少ないので、運試しのつもりで申し込んでいただければ」と参加を呼び掛けています。