インディカー:7~9日開催のミド・オハイオ戦が急きょ延期。次戦はインディ500に

©株式会社サンズ

 8月1日、インディカー・シリーズは、7~9日にミド・オハイオ・スポーツカーコースで予定されていたダブルヘッダー戦を9月か10月に延期することを急きょ発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でスケジュールが大幅に変更され、6月に開幕を迎えたインディカー・シリーズ。

 第3戦ロード・アメリカからは観客を迎えてレースを開催していたが、7月27日に州のイベント制限によりポートランド戦とラグナセカ戦のキャンセルを発表。ダブルヘッダー戦を増やし全14戦開催を維持していた。

 8月7~9日にミド・オハイオ・スポーツカーコースで開催されるレースもダブルヘッダー戦に変更されたが、オハイオ州でも新型コロナウイルスの感染が拡大。その状況を考慮し、開催1週間前となった8月1日にインディカーとミド・オハイオ・スポーツカー・コースはレース延期を決定した。

「8月7~9日に予定していたミド・オハイオでのホンダ・インディ200を9月または10月に延期することに合意した。この決定は、現在の環境を考慮し、地元の保健当局と協議して行われた」

「我々は、すべてのパートナー、地方自治体と協力して、今年後半にホンダ・インディ200をミド・オハイオで迎えられる日程の決定に取り組んでいる。この延期に対して、ファンの我慢と理解に感謝している」とインディカーとミド・オハイオ・スポーツカーコースは声明を発表。

 ミド・オハイオ戦が延期となったことで、次戦は第104回インディアナポリス500マイルレースとなる。

 初めて8月開催となる今年のインディ500は、プラクティス走行が11日よりスタート。15、16日に33台のグリッドを決定する予選が行われ、23日に決勝レースが予定されている。