「ミッドナイト・エクスプレス」などの名匠アラン・パーカー監督が死去

©株式会社近代映画社

「ミッドナイト・エクスプレス」などで知られる英国の名匠アラン・パーカー監督が7月31日に死去したと報じられた。

「ミッドナイト・エクスプレス」(78)「ミシシッピー・バーニング」(88)でアカデミー賞監督賞にノミネートされたパーカーは2020年7月31日死去。家族によれば長い闘病生活を送っていたそうです。享年76歳。
20代でコピーライターをしていた時、友人のデーヴィッド・パットナムが製作した「小さな恋のメロディ」(71)の原作・脚本で映画界入りし、76年「ダウンタウン物語」で監督に進出。
ほかに「フェーム」(80)「ピンク・フロイドザ・ウォール」(82)「バーディ」(84)「エンゼル・ハート」(87)「愛と哀しみの旅路」(90)「ザ・コミットメンツ」(91)「ケロッグ博士」(94)「エビータ」(96)「アンジェラの灰」(99)「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」(03)とミュージカルから社会派ドラマまで多彩なジャンルで話題作を発表しました。