有吉 タカアンドトシの“1番つらかったロケ”に納得「唇が真っ青で体の震えがとまらなかった」

©ジグノシステムジャパン株式会社

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。7月26日(日)の放送は、アシスタントにデンジャラスの安田和博を迎えてお送りしました。

(左から)有吉弘行、安田和博

1週間のニュースを有吉にスッキリさせてもらうコーナー「スッキリしないニュース」では、サーティワンアイスクリームが定額サービス「サーティワン サブスク」を開始したニュースを取り上げました。

その第1弾となる「31日間毎日サーティワンチャレンジ」の価格は5,980円(税別)で、プラン購入翌日から31日間、毎日1枚好きなレギュラーシングルサイズのアイスクリームと交換可能できるチケットがもらえるというもの。期間中に毎日使うと、最大でおよそ6,000円お得になるプランとなっています。

このニュースに、有吉は過去に「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」(テレビ朝日系)の人気企画「帰れま10」に出演したときのことを振り返ります。

「もう10年近く前ですかね~。当時、ブラマヨ(ブラックマヨネーズ)と僕がけっこうレギュラーに近い感じで出ていて。結構しんどいんですよ、あの企画。(収録は)お店の営業が終わった後とかだから深夜の12時くらいに入って、朝の6時とか7時までかかることもあって。だから、終わって家に帰ろうとしたときには、通勤ラッシュのなかで疲れ果てて帰るような状況だったのよ。

いろいろな店で『帰れま10』をやって、サーティワンでもやったことがあるんだけど、この前、ある番組でタカトシ(タカアンドトシ)が『今までで1番つらかったロケはなんですか?』って聞かれて『「帰れま10」のサーティワンですね』って。“うわっ、やっぱりか! あの鉄人と呼ばれているタカトシが1番つらいと思ったのは、『帰れま10』のサーティワンの回だったのか! どうりでな!”と思って(笑)」と大きくうなずきます。

そのロケには、有吉やタカアンドトシさんのほか、U字工事さんも参加をしていたそうで、「サーティワンで6~7時間もロケをやっているとね、体が冷えて唇が真っ青なの(笑)。で、体の震えが止まらない」とかなり壮絶だった様子。

「俺ら年齢的にあまり食べられないからさ、とにかく(U字工事の)益子にいっぱい食べさせたの。サーティワンってホールのアイスもあるから、なんとかして益子に食べてもらおうと思ってさ、『益子行けっ!』って。そうしたら益子、ブッルブル震えていたよ、マジで(笑)。温かいお茶をガブ飲みしながら……あれは相当つらかったんだなと思ってさ。その記憶があるから(定額サービスと聞いて)ギョッとするけど、毎日1個だけなら最高ですね」と有吉。

ちなみに、有吉も安田も好きなフレーバーは「ラムレーズン」とのことでした。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国19局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!