【新型コロナ】逗子海岸で水上バイクに安全指導 海水浴場は開かれず…海保「マナー順守を」

©株式会社神奈川新聞社

親子連れや友人グループなど多くの人でにぎわう梅雨明けの逗子海岸=2日、逗子市内

 梅雨が明け好天に恵まれた2日、神奈川県の三浦半島の海岸は多くの来訪客でにぎわった。新型コロナウイルスの影響で海水浴場が開かれない中、横須賀海上保安部は同日、例年水上バイク愛好者が集まる逗子海岸で一斉指導を実施。市やライフセーバーなどは連日、砂浜での注意喚起に汗を流しており、関係者は「来訪自粛とマナー順守を呼び掛け、海の安全を守る」と口をそろえる。

 横須賀海保は職員ら約20人で逗子海岸と逗子、葉山の沖合で、走行を楽しむ愛好家らに指導。約100隻に、遊泳者との接触への注意喚起や今夏限定の走行可能エリアの確認などを行った。