最初は痛い!「大山式ボディメイクパッドPRO」が肌身離せない存在に

©株式会社オールアバウト

普段からパソコンやスマホを何時間も使う生活をしているので、猫背や肩の疲れは私の慢性的な悩みでした。そんなとき、知人の口コミで買ってみたのが「大山式ボディメイクパッドPRO」という足指パッド。

「大山式ボディメイクパッドPRO」をつけて私自身がいちばん実感じたのは、背筋がシャンと伸びて、椅子に座っているのが楽になり、肩がスッキリしたこと。

口コミでは美容やダイエット目的で使われることも多いようですが、残念ながらまだ体重が減ったという実感はありません。ただ、自然と姿勢がよくなったため、履いていたジーンズのウエストや太ももに余裕が出てきたのを感じています。

大山式ボディメイクパッドPROとの出会い

私がこの存在を知ったのは、飲み会での他愛のない会話がきっかけ。長年足指パッドを愛用しているという知人が、夫婦で愛用していると大絶賛していたのです。

足指パッドをつけるようになってからご主人の歩き方のクセが改善した、歩き方がよくなったら変形していた小指の爪の形までキレイになった! と熱心に話す知人。半信半疑で聞いていたのですが、どんどん引き込まれていきました。

そのあと私もすぐに購入し、晴れて足指パッド生活へ! 今では私も至る箇所でこの足指パッドを人に勧めるほどファンになってしまいました。

最初は“痛い”! 「大山式ボディメイクパッドPRO」の負荷を実感

「大山式ボディメイクパッド」には、ビギナー向けからより負荷をかけられるものまでいろいろな種類があります。私が購入したのは、本来であればビギナータイプで物足りなくなった人向けのプロタイプ。いきなりプロタイプで大丈夫かという心配もありました。

つけ始めの3日ほどはすごく痛いと聞いていたので、恐る恐る装着。聞いていたとおり、立っている時間が長いと涙が出そうになるほど痛くなることも。はじめは痛くて外すこともありました。

でも、慣れてしまった今では肌身離せない存在で、少しでも立ち仕事の時間を有効に使いたいので、寝るとき以外はずっとつけているほどです。

足指パッドのおかげで体重にとらわれなくなった

管理栄養士という職業柄、ダイエットというとまずは食事、次に運動という固定観念にとらわれていました。頭のなかに「消費カロリー>摂取カロリー」の方程式ができていると、食事を減らしても運動をしても痩せないと、”どうして⁉”とストレスが溜まってしまうものです。

それが最近、体重だけにとらわれるのではなく、見た目の美しさというものを意識できるようになりました。筋肉のつき方や姿勢などは、摂取カロリーを減らしたからといって変わるわけではありません。

もちろん、痩せたいなら栄養バランスのとれたヘルシーな食事と、適度な運動習慣が基盤です。

それに加えて、水分や腸内環境、基礎代謝など、いろいろな要因が関わっています。「何をしても痩せない」というときに、プラスアルファのケアをすると、視野が広がるのかもしれません。

私は足指パッドをとり入れることで、体重だけにとらわれない、きれいな姿勢へのアプローチができるようになると感じています。

「大山式ボディメイクパッドPRO」は、本来の正しい姿勢や歩き方をサポートすることで、姿勢が崩れることで起きる不調を防いでくれるもの。姿勢をよくして見た目をすっきりさせたい人にもイチオシ! ぜひ使ってみてくださいね。

__DATA
イースマイル┃大山式ボディメイクパッドPRO__

対応サイズ:22cm~28cm