「SDGs」取り組み加速 技能実習生監理団体のGTS協組 金銭負担ゼロへ協力企業を募集

©株式会社中部経済新聞社

「SDGs推進室」の榎戸怡静さん(左)と侯又天さん

 外国人技能実習生受け入れ監理団体のGTS協同組合(知立市西町西73、丹羽清代表理事、電話0566.95.2118)は、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みを加速する。組合内に「SDGs推進室」をこのほど設置した。特に、外国人実習生が母国の送り出し機関に支払う日本派遣手数料を肩代わりする国内企業を積極的に募る。実習生本人の金銭的な負担をなくすことで、SDGsの目指す「働きがいと経済成長の両立」などを推進する考えだ。