日立Sol、テレワークでも円滑なコミュニケーションを実現する仮想オフィス

©株式会社マイナビ

日立ソリューションズは7月31日、新常態(ニューノーマル)における働き方の実現に向けてワークスタイル変革ソリューションを刷新、その第1弾として、円滑なコミュニケーションを実現する仮想オフィス「Walkabout Workplace」を8月3日に販売開始すると発表した。

日立ソリューションズ スマートライフソリューション事業部 主管技師長 伊藤直子氏は、「ニューノーマルにおける働き方においては、『自由な働き方』『究極の自動化』『働きがい』が求められている。われわれは、これらを実現するソリューションを提供していく」と語った。

今回発表された「Walkabout Workplace」は、「自由な働き方」を支援するソリューションとなる。「自由な働き方」を支援するソリューションとしては、遠隔プレゼンテーション「PersonifyPresenter」も提供する。「究極の自動化」については、RPAの新機能「AutomationAnywhere DiscoveryBot」によって提供する予定であり、「働きがい」については、人事総合ソリューション「リシテア」の強化によってサポートしていく。

伊藤氏は、「新型コロナウイルスが登場する前、テレワークは企業の働き方改革としての 経営戦略の1つと位置付けられていた。テレワークを利用する人は、介護や育児が理由であるなど、一部の人しか利用していなかった。しかし、新型コロナウイルスが登場したことで、多くの企業がテレワークを導入せざるを得ない状況になった。新型コロナウイルスが落ち着いたとしても、テレワークがなくなることはないと考えている。企業は、テレワークを前提とした経営を行っていくことが望まれる」と語った。

今回販売開始が発表された「WalkaboutWorkplace」については、日立ソリューションズ スマートライフソリューション事業部 ワークスタイルイノベーション本部 ワークスタイルイノベーション企画部 部長 小倉文寿氏が説明を行った。

小倉氏は「テレワークによって、移動時間の削減、育児と仕事の両立、家族との時間の増加、生産性の向上といったメリットが生まれたが、その一方で、コミュニケーションの希薄化、長時間労働になりやすい、切り替えが難しいといったデメリットも生まれている。WalkaboutWorkplaceは、テレワークにおけるこうした課題を解決する」と語った。

「WalkaboutWorkplace」は、テレワークで失われたオフィスの日常、リアルなコミュニケーション、 雑談やザワザワ感、一体感などを仮想空間で再現する。

例えば、終業時間前にフリースペースに行って挨拶を交わすこと、相手の居場所を探してちょっとした雑談をすることなどが可能だ。

小倉氏は仮想オフィスの提供価値として、「社員のエンゲージメント向上」「オフィスフロア削減による コストカット」「オフィスフロア削減による コストカット」を挙げ、「WalkaboutWorkplace」はニューノーマルにおける働き方への変革を推進すると述べた。

今後は、オンライン上でプレゼンターがスライド上を動き回って説明する、米国Personifyの遠隔プレゼンテーション「Personify Presenter」を8月末に、テレワーク中の社員の居場所やマインドの状況を可視化する「リシテア/就業管理」の最新版を今秋に、販売開始することを予定している。