教育相談室だより…481

©株式会社VOTE FOR

■学校適応指導教室「ユリイカ」
今回は、教育相談室にある学校適応指導教室「ユリイカ」についてご紹介します。
学校適応指導教室「ユリイカ」とは、いろいろな理由で学校に行きたくても行けずに休んでいる児童・生徒に対して、教育相談を中心に、社会的に自立することを支援するための教室です。午前中は教科書や問題集、プリントなどを使った自主学習と軽い運動が中心です。自主学習の内容は、指導員と相談しながら自分で学習計画を立てていきます。午後は一人一人の個性を生かした創作活動(布や紙を使った製作等)を通して、自己表現とみんなで協力することの大切さを学ぶ時間です。時には、体力や表現力、自己肯定感を高めることを目的に、公園などで運動をしたり、音楽活動や栽培活動を行ったりしています。
また、ユリイカ行事として、秋の巾着田への散策、川越への遠足、調理実習や書き初め教室、その他、餅つき・野外活動(カレー作り等)、福祉体験なども実施しています。

▽入級の手順
(1)入級に関しては、家族や担任の先生とよく相談してください。
(2)ユリイカ入級の意向が決まりましたら面談の申し込みをします(学校または教育相談室へご連絡ください)。
(3)教育相談室の教育相談員と面談をします。
(4)体験入級を行います。
(5)入級手続きをします(入級書類については、学校と連絡・相談をしてください)。
(6)入級許可通知が届きましたら手続き完了です。

ところで、「ユリイカ」という言葉はギリシャ語で「発見した、わかった」という意味です。悩んでいることの解決方法や自分の進む道を見付け出してほしいという願いからこの名が付きました。小集団での活動を通して、児童・生徒の心にエネルギーを蓄え、元気と自信を取り戻して学校に戻れるように指導員全員で支援していきます。
一人で悩まずに、ぜひ教育相談室にご相談ください。