<夏季高校野球>八重山打線、5回に真骨頂 気持ち一つに一挙4点

©株式会社琉球新報社

 高校野球の2020沖縄県夏季大会最終日は2日、名護市のタピックスタジアム名護で決勝を行った。ノーシード同士の対決となった頂上決戦は八重山が4―2でKBC未来を退け、夏の県大会で初の頂点に立った。出だしは八重山の先発、幸喜大雅が毎回走者を出しながらも要所を抑え、スコアボードにゼロを並べた。KBCも一回途中から登板した大城元が相次ぐ守りの失策にも気持ちを切らさず、四回まで被安打ゼロの好投を続けた。五回に長短打4本とスクイズで一挙4点を挙げた八重山が、盤石の継投策で逃げ切った。中止となった夏の選手権沖縄大会の代替として独自開催された今大会では、11日間の期間中、多くの熱戦が繰り広げられた。

 初戦から好投してきた砂川羅杏(らいあん)が一塁手の東川平亮輔が捕球した球を受け取り一塁ベースを踏んだ。その瞬間「よっしゃー」と、八重山ナインが雄たけびを上げてマウンドに集まった。打線がつながらない苦しい展開を元気な声で励まし合った仲間と歓喜の輪をつくって喜び合った。

 準決勝まで平均2桁安打の打線は、KBC未来の好投手に苦しめられなかなか快音が聞こえない。ボードにはゼロが並んだ。

 チャンスを見逃さない打線が真骨頂を発揮したのは五回だった。エラーで初めて先頭が出ると、初安打も生まれて1死二、三塁。ここで1番宮良忠利が外角低めの直球を左前に運んで先制し、勢い付いた。

 ベンチからの「楽しめ、いけるぞ」との声に応えるように、内間敬太郎主将がスクイズを決めると、下地寛太郎と比嘉久人の連打でこの回一挙4得点。

 練習量が自信となっていることをうかがわせたのは4点目の適時打を放った比嘉のスイングだ。初球から積極的に狙うと、フェンス直撃の大きな当たり。三塁上で両手を挙げて喜んだ比嘉は「これまで何千、何万と振り込んできた」と納得顔だった。

 甲子園大会の中止で、チーム内の気持ちがばらばらになりかけた。何度も話し合いを持ち「最後まで一緒に野球をやりたい」(内間)と気持ちを一つにしてつかんだ栄冠。さまざまな思いがこみ上げ、マウンドに集まったナインの表情はしばらくすると泣き笑いに変わっていた。主将の内間は「きついことを言ったこともあったけど、ここまでついてきてくれてありがとう」と仲間へ思いを語った。どこよりも長い夏をうれし涙で飾り、この大会のためにつくられた朱色の優勝旗を誇らしげに受け取った。

 (上江洲真梨子)