藤井棋聖「しっかり集中したい」

将棋王位戦で抱負

©一般社団法人共同通信社

藤井聡太棋聖、木村一基王位

 将棋の最年少二冠を目指す藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負の第3局は4、5日、神戸市で行われる。これに先立ち両者の記者会見が3日、同市で開かれ、ここまで2連勝中の藤井棋聖は「いい状態で臨めると思う。しっかり集中して、よい将棋を指したい」と抱負を述べた。

 藤井棋聖は7月16日、最も若い17歳11カ月でタイトルを奪取、二つ目を狙う。初防衛が懸かる木村王位は昨年、最年長で初タイトルを獲得して話題を呼んだ。今シリーズは“最年長対最年少”の注目対決となっている。