年20%台後半のマイナスか

4~6月GDP、民間予測

©一般社団法人共同通信社

東京・丸の内をマスク姿で通勤する人たち

 2020年1~3月期の国内総生産(GDP)が実質で年率2.2%減だったとする再改定値を内閣府が3日発表したことを受け、民間シンクタンク各社は今後のGDPの見通しを公表した。4~6月期は新型コロナウイルスの影響が本格化し、年率20%台後半の戦後最悪のマイナス成長になるとの見方が強まった。

 4~6月期のGDPは内閣府が17日に速報値を発表する。主要6社が示した見通しの平均は26.9%減だった。みずほ総合研究所は緊急事態宣言に伴う外出自粛で個人消費が大きく落ち込んだことや、欧米向け輸出が急減したことから26.8%減と予測した。