北島康介氏「安全に大会を」

コロナ感染対策の講習会

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス感染症対策の講習を終え、パネルを手にする東京都水泳協会の北島康介会長=3日、東京辰巳国際水泳場

 東京都水泳協会は3日、東京辰巳国際水泳場で新型コロナウイルス感染症対策の講習会を開き、新たに作成した感染予防のガイドラインを説明した。競泳で五輪2大会連続2冠の北島康介会長は「(感染防止の)意識付けを多くの方にしていただき、より安全に大会を行えるように進めていけたら」と話した。

 参加した小学生は泳ぐ時以外は極力マスクを着用し、プール内外にかかわらず選手同士の距離を2メートル以上空けるように努めた。インストラクターらが泳いだ模擬競技会ではスタート台に消毒液が置かれ、台の調節の前後に手指の消毒を入念に行った。