高校野球 南北海道大会が開幕

道高野連 独自開催

©テレビ北海道

新型コロナウイルスの影響で中止になった夏の甲子園と地方大会に代わり北海道が独自に開催する「夏の高校野球大会」が開幕しました。大会は南と北北海道に分かれて行われ、地区予選を勝ち抜いたあわせて32校がそれぞれ6日間にわたって熱戦を繰り広げます。3日に開幕した南北海道大会。新型コロナウイルスの感染防止のため開会式は行わず、部員と保護者を除く無観客での開催となりましたがグラウンドからは球児たちの思いを乗せた白球の音が響き渡りました。甲子園への道は閉ざされてしまった選手たちですが、チームメイトとともに日頃の練習の成果を発揮する「大切な夏」。北北海道大会は5日に開幕します。