ピアニストのフライシャー氏死去

米、指の障害で指揮者に

©一般社団法人共同通信社

 レオン・フライシャー氏(米ピアニスト、指揮者)米メディアによると2日、東部メリーランド州ボルティモアのホスピスで死去、92歳。

 28年、西部カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。高名なピアニストのアルトゥール・シュナーベルに師事。52年、エリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝。名指揮者ジョージ・セル指揮のクリーブランド管弦楽団などと共演、世界的な名声を得た。

 演奏家としての絶頂期に障害で右手の指が動かなくなった。指揮者となり、左手で音楽活動を続けた。リハビリを乗り越え、90年代に再び両手で復活した。(ニューヨーク共同)