2020夏高校野球和歌山大会 4強出そろう

©株式会社和歌山放送

和歌山市の紀三井寺公園野球場で行われている2020夏高校野球和歌山大会は、きょう準々決勝3試合が行われ、箕島、智辯和歌山、日高がそれぞれ勝ちました。きのう(2日)準決勝進出を決めた初芝橋本と合わせて、ベスト4が出揃いました。

きょう(3日)の第1試合 桐蔭 対 箕島の試合は、箕島が11対6で桐蔭を破りました。

第2試合 智辯和歌山 対 和高専の試合は5対0で 智辯和歌山が勝ちました。 和高専は先発の上野投手が力投しましたが、疲れが見えた6回に智辯打線につかまり、この回だけで4点を奪われました。

第3試合 日高 対 日高中津の試合は 日高が2対1で 日高中津に競り勝ちました。

この結果あさって(5日)の準決勝は、第1試合が日高 対 智辯和歌山、

第2試合が初芝橋本 対 箕島の対戦カードとなりました。