日本車、7月の米販売15%減

感染拡大で需要低迷続く

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】日本の自動車メーカー4社が3日発表した7月の米新車販売台数は、前年同月と比べ15.4%減の37万477台となった。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、需要低迷が続いている。

 経済活動再開の進展に加え、営業日数が前年同月よりも1日多かったことで、減少率は6月の19.0%減からやや持ち直した。ただ南部や西部の州を中心に感染が再拡大しており、販売の本格的な回復はなお見通せない。

 トヨタ自動車が19.0%減の16万9484台、SUBARU(スバル)は19.7%減の5万1458台だった。ホンダは11.2%減の12万5450台。