はやぶさ新曲発売記念で初の無観客ライブ生配信実施 「デュエル・マスターズ キング」声優の佐藤せつじ、市川太一も応援に

©チャンネル銀河(株)

デビュー9年目を迎えた新世代歌謡グループ、はやぶさ=ヒカル(33)、ヤマト(27)=が、8月5日にニュー・シングル『キンキラKING!』(作詩・作曲・編曲=前山田健一)をビクターエンタテインメントから発売するのを記念して3日、東京・四谷のライブハウス、四谷LOTUSから無観客によるYouTube生配信ライブを開いた。

今度の新曲は、今年4月から放送され、キッズ世代を中心に人気を博しているテレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズ キング」(毎週日曜、午前8・30)のオープニングテーマ曲。同シングルは第13弾目で、デュエル・マスターズシリーズのオープニングテーマとしては、第6弾シングル「エボレボ!」、第8弾シングル「未来はジョー!ジョー!」、第10弾シングル「ジョー☆デッキ-!!!」、第11弾シングル「超天フィーバー!」に続く5作目で、今回も前山田健一(ヒャダイン)氏が全面的にサウンドプロデュース。勇気、希望、友情をテーマに、ヒカルのこぶしの入ったボーカル、ヤマトの魅惑の低音ボーカルで、聴いて歌って楽しめる楽曲になっている。

彼らにとって無観客ライブは初めて。ヒカルは「やっとこの新曲がステージから皆さんにお届けできるという半年分の思いと、これまで準備してきたものを皆さんに見ていただけるのがうれしいです。僕たちの元気いっぱいの姿を見て楽しい気持ちになっていただければ……」。ヤマトは「画面を通して皆さんが見てくださるわけですが、その画面を抜いたライブができればと思います」と意欲満々。

この日は、同アニメで、〝デュエル・マスター〟を探しに人間界にやって来て、主人公・切札ジョーと行動を共にするキャラクター「デッキー」の声を担当する声優・佐藤せつじ(45)、高度な科学力を誇る水文明のデュエル・マスター候補「キャップ」の声を担当する声優・市川太一(27)の2人をゲストに迎え、前半は同番組についての質問に答えたり、声優としてのエピソード、同テーマ曲についてなど楽しいアニメトークを披露。

後半は、はやぶさのライブステージで、新曲『キンキラKING!』をはじめ、初回限定盤のカップリング曲『僕たちには歌がある』、通常盤のカップリング曲『大好き! 名古屋』、それに再度、新曲『キンキラ~』の全4曲を熱唱。1時間にわたって、まるで観客が目の前にいるような熱い雰囲気の生配信ライブで最後まで盛り上がった。

新曲について、ヒカルは「『デュエル・マスターズ』のオープニングテーマは5作目になりますが、最初のころは僕がメインで歌わせていただく割合が多かったのですが、今回はヤマトと半々ぐらいの割合で、それぞれの声の特徴が生きるようにヒャダインさんが作ってくださいました。演歌調といいますか、コブシもたくさん使っていて、ヤマトのパートは魅惑の低音ボイスが目立っていて、そこが聴きどころです。また、『未来空 羽ばたくよ~』というサビの壮大なメロディーがとても気持ちよくて、そこもぜひ聴いていただきたいですね。曲の出だしが日本調のサウンドになっていますので、そこから何が始まるのかというワクワク感も感じていただけたらうれしいですね。また、初回限定盤のカップリング曲『僕たちには歌がある』は、歌を歌って元気を出していこうという、新型コロナウイルスで世界中の人たちが闘っている、まさにいまの厳しい状況の中でのメッセージソングになっていますので、ぜひこの歌を聴いて、元気を出していただきたいです」、ヤマトは「演歌・歌謡曲を歌っているはやぶさらしさが出ていて、サウンド、歌い方、展開のされ方など全体像的に聴いていただけたら面白いと思います。早くお客様の前で歌いたいです」と話していた。

(提供:サンニュース)