フィギュアGPシリーズ開催方針

大会方式は今後協議へ

©一般社団法人共同通信社

昨年のGPファイナルで2位だった羽生結弦=2019年12月、トリノ(共同)

 フィギュアスケートで10月に開幕するグランプリ(GP)シリーズの6大会が、予定通り実施されることが4日、関係者への取材で分かった。国際スケート連盟(ISU)が3日に開いたオンラインでの理事会で開催決定の方針を確認した。新型コロナウイルスの影響で各国に渡航制限が出ていることから通常通りの開催は困難とみられ、大会方式は今後協議する。

 2022年北京冬季五輪プレシーズンの本格開幕を告げるGPシリーズは第6戦NHK杯(11月27~29日・東和薬品ラクタブドーム)のほか、米国、カナダ、中国、フランス、ロシアで行われる。