密コミュニケーションが可能な「仮想オフィス」発売、日立ソリューションズ

©株式会社BCN

日立ソリューションズは、新常態(ニューノーマル)の働き方の実現に向けて「ワークスタイル変革ソリューション」を刷新し、第1弾として、米Walkabout Collaborativeが提供する仮想オフィス「Walkabout Workplace(ウォークアバウトワークプレイス)」の販売を8月3日に開始した。販売にあたり、同社と日本初の販売代理店契約を結んでいる。

「Walkabout Workplace」のWebページ

Walkabout Workplaceは、PCやタブレット、スマートフォン上にお洒落な仮想オフィスを表示し、テレワーク中の打ち合わせや雑談の円滑なコミュニケーションを実現するクラウドサービス。在宅、サテライトオフィス、オフィスなどで、自由な働き方をする社員が、まるで一つの「ワークプレイス」にいるかのような一体感を生みだすことができる。社員は自室のデザインを自由に選択し、オフィスや会議室、休憩場所で雑談や打ち合わせを行うことができる。

また、各社員への連絡可否や、社員の勤務状況、社員同士のコミュニケーションの様子がフロア全体で可視化できるため、管理者はメンバーの様子をいつでも把握できる。これにより、企業は、適正な労務管理や社員のエンゲージメントとモチベーション向上を実現しながら、テレワークを導入することが可能となる。

日立ソリューションズでは、新常態の働き方の実現に向けて、自社での働き方改革のノウハウを提供するワークスタイル変革ソリューションのコンセプトを「一人一人がイキイキと働き、時代の変化に対応できる企業の実現」に刷新し、「自由な働き方」「究極の自動化」「働きがい」の3つの価値を提供していく。

今後、オンライン上で、プレゼンターがスライド上を動き回って説明する米Personifyの遠隔プレゼンテーション「Personify Presenter」を8月末、テレワーク中の社員の居場所やマインドの状況を可視化する「リシテア/就業管理」の最新版を今秋、それぞれ販売する予定。