消防署からのお知らせ

©株式会社VOTE FOR

■熱中症に注意しましょう!
8月は熱中症による救急要請が毎年多く発生しています。
熱中症は、温度や湿度が高い状況で体内の水分や塩分のバランスが崩れることで、体温の調節機能が働かなくなり、立ちくらみ、けいれんや意識をなくすなど、さまざまな症状を発生します。
屋外だけでなく、室内にいる場合にも熱中症になることがありますので、こまめに水分補給をして涼しい服装で生活するなどの熱中症対策を行いましょう。

■6月末までの災害出動状況