栽培農家を支援!道議会庁舎を道産花が彩る

©HTB北海道テレビ放送株式会社

新型コロナの影響でイベントなどが中止となり、売り上げが低迷している花の栽培農家や生花店を応援しようと道産の花展が道議会の庁舎で開かれています。

夏本番、今まさに見頃を迎えた岩見沢産のひまわりや、鮮やかな紫が目に飛び込むほどに咲き誇るスターチスシアヌークなど、道産の花およそ500本が道議会のロビーを彩っています。今年は新型コロナウイルスの感染拡大でイベントが軒並み中止となるなど花の需要が大きく落ち込んでいます。このため道議会は花の栽培農家や生花店を支援するため「北海道花きの振興に関する条例」を定めるとともに今月7日を「北海道花の日」とすることを決めました。花の展示会は今週の金曜日まで行われています。

(c)HTB