落合モトキ「『こいつ何なんだ?』と思われるよう憎たらしく演じました」復讐劇をかき乱すライター役に!

©株式会社フジテレビジョン

8月11日(火)21時より放送される、フジテレビ系『竜の道 二つの顔の復讐者』第3話から、落合モトキの出演が決定した。

このドラマは、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス作品。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木が演じ、竜一の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を、玉木とは初共演の高橋一生が演じる。

落合が演じるのは、フリーライターの沖和紀。経済誌の記者として、新進気鋭のコンサルティング会社社長である和田猛(=竜一)の取材を行った沖は、ひょんなことから和田に興味を持ち始め、独自に周辺を調べ始める。竜二と連携し、キリシマ急便社長の霧島源平(遠藤憲一)への復讐を企てる竜一にとって、自身の過去を嗅ぎまわる沖は不気味な存在に…外側から復讐劇をかき乱す役どころとなる。

4日(火)放送の第2話では、竜一、竜二、美佐の3人が鉢合わせに。目の前にいる“竜二の友人”和田猛の正体が、死んだはずの竜一だと知る由もない美佐だったが、竜一と竜二の間には動揺が走る。さらに、キリシマ急便のパーティに潜入した竜一は、源平との接触を試みる。また、そこで後々の計画のキーパーソンとなる源平の長女・まゆみ(松本まりか)や長男・晃(細田善彦)と出会う。そんな中、そんななか会場に現れた、竜一と竜二の計画を狂わせる「ある人物」とは…!?

<落合モトキ コメント>

――落合さん演じる沖は、どのような人物ですか?

嫌われてなんぼの職業なだけに、世間から見ても鼻につく男だと思います。出てくるだけで「こいつ何か起こしそうだな」という雰囲気を放つ人物で、良いやつではなさそうですね(笑)。

――休止期間後の撮影でしたが、準備の面ではいかがでしたか?

クランクインの前日に撮影休止になって、もう肩を温めきって「明日演じるぞ!」という状態でのストップだったので、撮影再開してクランクインしたときは、空回りしないか心配でした。自粛期間中は、家族としか会えていなかったので、クランクインしていきなり玉木さんと共演したときは、単純に「イケメンに会えてうれしい!」って感想でした(笑)。

――玉木宏さんとの共演を振り返って

ずっとドラマや映画で見ていた方なので、やっとご一緒できるんだという喜びがありました。玉木さんとの撮影については、「こいつ何なんだ?」と思われるよう憎たらしく演じました。僕も同じくらい年下にこんなやつがいたら嫌ですから(笑)。視聴者のみなさんにも「本当、かき乱さないで!」って思われると思います。

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。

とにかくキャストの方が豪華ですし、お休み期間中にみなさんが弓を引いているような状態で、再びお芝居させていただく喜びというのがにじみ出ていると思います。作品ももちろん面白いですし、男くさい感じもあるので、お父さんの楽しみにもなってくれればいいかなと思います。ぜひ、お楽しみに。

<第2話あらすじ>

キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平に近づこうとする竜一(玉木宏)。しかし、ある人物に竜二との会話を聞かれ、源平への復讐計画を知られてしまう。このままでは、すべての計画が台無しに…。もはや一刻の猶予もないと悟った2人は、父・源平の強引なやり方に反発する跡取り息子の晃(細田善彦)を利用し、次の手を打つことにする。

そんななか、竜二に会うためにホテルを訪れた竜一は、そこで偶然、上京が決まった妹の美佐(松本穂香)と再会。美佐は竜二から知人だと紹介された竜一が、まさか死んだはずのもう一人の兄だとは知る由もない。そんな妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一は…。

その後、キリシマ急便のパーティに参加した竜一は、竜二のアシストで晃に近づくことに成功。源平の元にも何食わぬ顔で挨拶に行くが、そこへ、兄弟の秘密を知る人物が現れて…。