SUBARUの今期純利益は6割減に、2期連続の減配予想

©ロイター

[東京 4日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>は4日、2021年3月期(今期)の連結純利益(国際会計基準)が前期比60.7%減の600億円になる見通しだと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で新車販売が急減したためで、20年4─6月期の純損益は77億円の赤字(前年同期は664億円の黒字)となった。中村知美社長は「今後も事業環境の先行きは不透明だ」と述べた。

今期配当は中間・期末それぞれ1株当たり28円。年間で56円(前期は100円)と、2期連続の減配を予想する。通期の純利益予想は、リフィニティブが集計したアナリスト15人の予測平均値805億円を下回る。

電話で会見した中村社長は、コロナの収束時期や社会活動に与える影響、消費者心理の動向など「不確定な要素が非常に多い」と発言。詳細を精緻に説明できないとし、米国、日本など市場別の計画台数は公表を見送った。今期の世界販売計画は約13%減の90万台を見込む。

一方、世界販売の約7割を占める米国については、今春に実施された世界的なロックダウン(都市封鎖)のような状況は起こらないという前提で、20年の米国新車市場が1400万台―1450万台(前年比約15%減)との見通しを示した。スバルの米国販売も徐々に回復し、同年は「59万台―60万台(同約15%減)を計画している」と説明。21年も「緩やかな回復傾向が続く」との見方を示した。

通期の営業利益は62%減の800億円、売上高に相当する売上収益は13.3%減の2兆9000億円を予想する。前提為替レートは1ドル=105円(前期は109円)、1ユーロ=120円(同121円)に設定した。

中村社長は、2期連続の減配となることについて「不測の事態に備える意味で手元資金を確保しておきたい」と株主に理解を求めた。

<7―9月期は営業黒字化目指す>

4―6月期の売上収益は前年同期比45.2%減の4569億円だった。コロナの影響により、世界販売は13万3000台と前年同期に比べて約半減した。

営業損益は156億円の赤字(前年同期は922億円の黒字)だった。岡田稔明取締役は「営業利益ベースでは第2・四半期では黒字に転換したい」と述べた。

*内容を追加しました。

(白木真紀)