新型コロナ、兵庫で新たに32人感染確認 30人超は2日ぶり

©株式会社神戸新聞社

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県内では4日、新たに32人の新型コロナウイルス感染が判明した。1日当たり2桁に上る新規感染者は15日連続で、30人以上は2日ぶり。県内の累計患者数は1371人になった。

 年代では、20代が最多の11人。未就学児を含む10歳未満が3人、小学生と高校生を含む10代が4人いた。他は30代=4人▽40代=2人▽50代=3人▽60代=3人▽80代=2人。

 県によると、芦屋市の7人のうち5人は、同市で感染が確認された40代女性の濃厚接触者。10歳未満と10代の小学生2人が含まれ、いずれも7月下旬に40代女性と会食したという。

 尼崎市では、同市内の医療機関に勤める20代の女性=同市在住=が感染。同僚も含め、職場で目立った症状が出ている人はいないという。

 また、大丸神戸店(神戸市中央区)5階の店舗に勤める女性従業員1人が感染していたことが分かった。7月30日に女性の陽性が判明したが、同日夜に店舗を消毒し、翌31日からは通常通り営業している。(まとめ・小西隆久)