【高校野球】二松学舎大付2メートル二刀流・秋広の夏終わる プロ10球団視察も8強で敗退

©株式会社Creative2

「4番・投手」で先発した二松学舎大付・秋広優人【写真:佐藤佑輔】

投げては4回途中2失点、打っては追撃の2点打と印象残す

高校野球東東京大会は4日、大田スタジアムで準々決勝が行われ、二松学舎大付は5-6で大森学園に惜敗。二松学舎大付の2メートル二刀流右腕・秋広優人投手は「4番・投手」で先発出場し、4回途中6安打2失点。打っては3打数1安打2打点2四球の活躍も、あと一歩及ばなかった。

プロのスカウトが10球団見守る中、長身の秋広は3回、1死一塁から4連打を浴び先制点を含む2点を献上。なお1死満塁のピンチを三振と左飛で切り抜けるも、4回先頭に内野安打を許したところで降板となった。

2点を追う6回2死二塁のチャンスでは、申告敬遠で勝負を避けられた。それでも7回2死満塁で迎えた第4打席では1点差に迫る中前2点打。9回2死一塁の第5打席ではストレートの四球で再び勝負を避けられ、無念の敗退となった。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)