欧米石油大手、3社とも赤字

4~6月期、コロナ影響

©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】欧米石油大手3社の20年4~6月期決算が4日出そろい、純損益が3社とも赤字となった。新型コロナ感染症流行に伴う需要の低迷などにより、原油安に陥ったのが響いた。売上高も全社50%を超える減少だった。世界各地で新型コロナ感染拡大が続いており、需要回復と業績の立て直しが順調に進むかどうかは不透明だ。

 各社の純損益は、英オランダのロイヤル・ダッチ・シェルが181億3100万ドル(約1兆9千億円)の赤字だった。

 英BPも168億4800万ドルの巨額赤字を計上。米エクソンモービルも10億8千万ドルの赤字だった。3社の売上高は53~65%減となった。