長江上・中流域のダム群、約300億立方メートルの増水を調節

©新華社

長江上・中流域のダム群、約300億立方メートルの増水を調節

 2日、3度の増水を調節した三峡ダム。(小型無人機から、宜昌=新華社記者/杜華挙)

 【新華社宜昌8月4日】中国水利部の長江水利委員会はこのほど、長江流域では7月以降、計6回の大雨があり、長江上流で3度の増水ピークを観測したことを明らかにした。三峡、葛洲壩(かっしゅうは)など長江上・中流域のダム群は合わせて300億立方メートル余りの増水を受け止め調節、中・下流域の増水対応の負荷を緩和した。

長江上・中流域のダム群、約300億立方メートルの増水を調節

 2日、3度の増水を調節した三峡ダム。(小型無人機から、宜昌=新華社記者/杜華挙)

長江上・中流域のダム群、約300億立方メートルの増水を調節

 2日、3度の増水を調節した三峡ダム。(小型無人機から、宜昌=新華社記者/杜華挙)

長江上・中流域のダム群、約300億立方メートルの増水を調節

 3日、3度の増水を調節した三峡ダム。(小型無人機から、宜昌=新華社記者/杜華挙)

長江上・中流域のダム群、約300億立方メートルの増水を調節

 3日、3度の増水を調節した三峡ダム。(小型無人機から、宜昌=新華社配信/鄭家裕)

長江上・中流域のダム群、約300億立方メートルの増水を調節

 3日、3度の増水を調節した三峡ダム。(小型無人機から、宜昌=新華社配信/鄭家裕)

長江上・中流域のダム群、約300億立方メートルの増水を調節

 3日、3度の増水を調節した三峡ダム。(小型無人機から、宜昌=新華社配信/鄭家裕)