コンビニ客、75%がレジ袋辞退

大手3社、有料義務化の7月

©一般社団法人共同通信社

 政府がレジ袋の有料化を全国の小売店に義務付ける制度が始まった7月、コンビニ大手3社でレジ袋を辞退する買い物客が75%程度に上ったことが4日、分かった。各社が加盟する日本フランチャイズチェーン協会によると、辞退率は義務化前の25%前後から急増。30年度までに60%以上とする目標を早くも達成した。

 義務化を契機に、環境への配慮や節約志向が急速に広まったとみられる。セブン―イレブン・ジャパンの担当者は「マイバッグを持参したり、普通のかばんに購入品を詰め込んだりする方が多い」と話す。7月の辞退率はセブンが75%、ファミリーマートが77%、ローソンは76%。