【新型コロナ】仁坂知事「いまはお盆帰省の自粛は求めず」

©株式会社和歌山放送

和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は、お盆の帰省を巡り、新型コロナウイルスの感染状況を注視する考えを示すとともに「いまの段階で県をまたぐ行き来をやめてとは言わない。どうにもまずいと思う時期が来たら、その時には自粛を申し上げたい」と述べました。

定例記者会見で感染防止を呼びかける仁坂知事(8月4日・和歌山県庁)

これは、けさ(4日)の定例記者会見で述べたもので、仁坂知事は「いまの段階では、お盆の帰省などによる県外との行き来を制限する考えは無い」と話す一方、今後、感染がさらに拡大するなど状況の悪化がみられた場合は、往来の自粛を呼びかける可能性があることも示しました。

その上で、県外から和歌山県に帰省を考えている人々に対して仁坂知事は「安全な生活や外出をして、安全な営業をしている店に行ってもらいたい」と呼びかけ、県民に求めていることと同じ行動をするよう求めました。