便利すぎ! 100均で買える「フィルムリングフック」活用法

©株式会社オールアバウト

フックといえば、今までは粘着テープや吸盤、マグネットが主流でしたが、最近は100均で簡単に購入できるフィルムタイプのフックが人気です。

粘着テープではないので繰り返し使えて、マグネットが付かない場所でもOK!さらに吸盤より耐荷重もあります。

フィルムフックにはいろいろと種類がありますが、そんな中でも珍しい形の「フィルムリングフック」がとっても便利なんです。

フィルムリングフックとは?

フィルムリングフックとは、薄いフィルムのようなシートが後ろについていて、外してから使います。粘着テープではないので、ベタベタしていないですし、繰り返し使うことが可能です。

取り付けられる場所は、簡単に言えばツルツルしたところ。タイルやミラー、ガラス等です。

耐荷重がしっかりとあり、こちらのリングタイプでは、横向き使用1.5㎏、縦向き使用2㎏もあるので、いろいろと活用することができます。

お風呂場、玄関ミラー、家具etc.…アイデア次第でいろいろ使える!

引っ掛ける箇所が大きなリングタイプのフックなので、工夫次第でいろいろと使うことができます。その活用法の一部をご紹介します。

こちらはお風呂場の壁に取り付け、ヒゲソリを浮かせて収納しています。バスルームを清潔に保つ秘訣はできるだけ浮かせて収納すること! ヒゲソリも乾きやすく、安定感を持って掛けることができます。

これは洗濯機のサイドに取り付けた例。わが家の洗濯機のサイドの奥(でこぼこしている場所)はマグネットが付くのですが、サイド手前にはマグネットが付かない素材でした。が、フィルムリングフックなら、ここにもピタっと引っ付きます。スプレータイプの洗剤を引っ掛けたりするのに便利です。

玄関ミラーに取り付けると、傘の一時置きスペースに最適です。傘は小さなフックだと引っ掛けづらいと思いますが、リングタイプだと固定されて安心。ミラーに取り付けても、剥がした際に後残りしないのもうれしいポイント。

こちらはリングを縦向きに取り付けた例です。縦向きだと、ハンガーを掛けることができますよ!ツルツルとしている場所なら、家具等にも取り付け可能です。

いろいろと活用法をご紹介しましたが、皆さんのご自宅で活用できそうな場所はありましたか?セリアなど、お近くの100均で購入できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

__DATA
セリア|フィルムリングフック__

耐荷重:横向き1.5㎏、縦向き2㎏