【これぞメンズウオッチの新基準!?】38mm以下の“小顔時計”-見た目のバランスと着け心地の良さが魅力

©株式会社ラクティブ

時計界では40mm以下の少し小振りなサイズの人気が再燃中。今後、さらに支持を増していきそうな、小顔時計を一挙に紹介していこう。

大きすぎず、小さすぎず、手首にジャストサイズで着けられるのが魅力

現在、メンズウオッチは40㎜オーバーが定番となっているのだが、それは“デカ厚時計”が1990年代にブームとなって以降のこと。時計黄金期とされている50年代のアンティークウオッチの多くが34mm~38mmのサイズだったことが示しているように、40㎜オーバーの時計は、実のところかなりのビッグサイズといえる。

実際、腕に着けてもらえるとわかりやすいが、40mm以下の小振りな時計は、腕に乗せると意外なほど納まりが良く、小顔ながらも程よく存在感を主張することができるのだ。

そんな時計のサイズに関して、近年、原点回帰ともいえるダウンサイジング(小型化)が世界的なトレンドとなっている。あまり小さすぎるとレディースモデルになってしまうので注意が必要だが、小振りなもので32~36㎜、スタンダードな時計よりもやや小さい感覚でつけられる38~40㎜というのが、大まかなカテゴリーといえる。

》編集部のおすすめモデル-其の1
VAGUE WATCH CO.(ヴァーグウォッチカンパニー)
VABBLE

“アンティークの風合いをもつ、普段使い出来る時計”をコンセプトに、マニア心をくすぐるモデルを生み出しているヨシダトレードカンパニーのオリジナルウオッチ。32mmの小ぶりなサイズ、エイジング加工を施したブラック文字盤、板巻きのステンレスブレスなど、バブルバックを思わせるレトロなディテールがまるでアンティークウオッチのような雰囲気を漂わせている。

【問い合わせ先】
ヨシダトレードカンパニー(TEL.03-5774-9042)
https://vague-w.co.jp/collections/mechanical/products/vabble

》編集部のおすすめモデル-其の2
No Monday(ノーマンデー)
ハッピーウィークエンド

週末もそうでない日も毎日を楽しく過ごせるようにと、文字盤に次の週末までをカウントダウンするカウンターを搭載したユニークな時計。赤い6が土曜日、7が日曜日を表しており、日付け表示の窓の形や数字のデザインにも遊び心を感じさせるデザインが施されている。

【問い合わせ先】
SHOCHIKUBAI(TEL.06-6227-8573)
https://nomonday.jp

》編集部のおすすめモデル-其の3
SKAGEN(スカーゲン)
フィスク(スモールサイズ)

逆回転防止ベゼル、夜光インデックス、10気圧の防水性、ネジ込み式リューズを備えたダイバーズテイストの新作コレクション。フィスク(スモールサイズ)は38mm径のケースに、メッシュブレスを組み合わせたスタイリッシュなスタイルに仕上げられており、コントラストを効きかせたデザインは視認性も抜群だ。

【問い合わせ先】
フォッシルジャパン(TEL.03-5992-4611)
https://www.skagen-japan.com/blogs/news/new-fisk

文◎船平卓馬(編集部)