好機逃さず 大矢4番の一振り 高校野球新潟大会・日本文理

©株式会社新潟日報社

日本文理-村上桜ケ丘 日本文理7回1死一、三塁、大矢の適時三塁打で6-2=4日、エコスタ

 [日本文理6-2村上桜ケ丘]4番打者の大矢怜がチャンスで「強打の日本文理」を体現してみせた。七回に勝利を手繰り寄せる走者一掃の2点適時三塁打。直前に1点を返されていただけに「自分が打点を稼いで、悪い流れを切りたかった」と胸を張った。

 ここまで3試合に登板し、無失点だった長谷川優也が七回に連打や暴投などで失点。その裏、四球と安打で1死一、三塁の好機で大矢に打順が回ってきた。「ピンチの後こそチャンス。そのチャンスはものにする」と意気込み、スライダーを右翼線に運んだ。

 狙い球の直球ではなかったが、バットを巧みに合わせ「チーム全体で高めの変化球を見逃さない意識を徹底しているから」と対応力の高さを示した。

 2年だった昨夏の県大会でもベンチ入りしたが、甲子園メンバー18人からは漏れた。悔しさを糧に今夏の甲子園を目指してきたが、その夢は消えた。複雑な思いはある。それでも「気持ちを切り替えるよりも、悔しさをこの大会にぶつけよう」と決めた。

 今大会では打撃が好調で、準々決勝からは4番に座る。「何番でもつなぐ意識で臨む」としながらも「思った通りにバットが出せている」と手応えは十分。決勝でも「打点を稼いでチームの勝利に貢献する」と自信をのぞかせた。

(運動部・土田潤)