【マレーシア】政府のコロナ対策アプリ、全国で導入義務へ[IT]

©株式会社NNA

マレーシア政府は、国内全ての施設を対象に、政府の新型コロナウイルス感染症対策アプリ「マイスジャテラ」の導入を義務付ける方針だ。ショッピングモールなどの商業施設だけでなく、企業・事業所も対象に含まれる。4日付スターなどが伝えた。

保健省のノル・ヒシャム・アブドゥラ保健局長は3日、「新型コロナの感染者が確認された地域で濃厚接触者を追跡することが難しくなっている。1988年感染症予防管理法に基づき、全国でマイスジャテラの導入を義務付けることになった」と説明した。

イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)によると、マレーシア司法長官室(AGC)が間もなく官報で告示する。ただし、インターネット環境が悪い地方都市や農村部では、同アプリを導入せず、マニュアルでの入出者の記録を認める。

マイスジャテラは、建物や店舗に入る際にスマートフォンなどでQRコードを読み取り、個人情報を入力する仕組みで、新型コロナの感染者発生時に濃厚接触者の追跡に活用している。先月16日までに国内25万4,833カ所の事業所で導入されている。