トランプ米大統領、コロナ対応擁護 感染は「制御されている」

©ロイター

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は、国内の新型コロナウイルス感染症による死者が15万5000人超に達しているものの、感染状況は可能な限り制御されているとの認識を示した。

トランプ大統領は、ニュースサイトのアクシオスのウェブサイトに3日夜掲載されたインタビューで、政権のコロナ対応を擁護。「人々が亡くなっているのは事実だが、われわれができる限りの対応をしていないわけではない。ウイルスは可能な限り制御されている。これは恐ろしい伝染病だ」と語った。

さらに、コロナ検査の拡充が感染数増加につながっているとの見方を改めて示した。

ツイッターへの投稿でも、引き続き学校再開を呼び掛けた。

米国では新型コロナ感染者が急増し続けており、多くの州が経済再開計画の停止や規制の再強化を余儀なくされている。

ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策顧問を務めるデボラ・バークス氏は2日、CNNに対し、米国の都市部とともに地方にも新型コロナ感染が「異常に拡大」しており、米国は流行の「新たな段階に入っている」との認識を示した。[nL4N2F40K4]

食品医薬品局(FDA)のスティーブン・ハーン長官も4日、感染拡大はまだ抑制されていないとの見解を示し、事態を「深刻に受け止める」よう国民に呼び掛けた。

トランプ氏は新型コロナ感染による1日の死者数が1000人を超える中、他国と比べてかなり高水準となっている人口に占める死者の割合ではなく、感染者に占める死者の割合を強調した。

*内容を追加しました。