大型滑り台・タワー整備 朝日山公園来年3月開設

©株式会社北日本新聞社

朝日山公園の大型遊具イメージ図

 氷見市が朝日山公園に整備する大型遊具の内容が固まった。大芝生広場に続く斜面約1500平方メートルを利用し、大中小3種類の滑り台や鉄製タワーを備える。4日の市長会見で完成イメージ図を公表した。

 大型の滑り台はローラー式で長さ23メートル。タワーは高さ6.6メートルで展望台から景色を楽しめる。ロープやネットなど多彩な遊具があり、30種以上の遊び方ができるという。

 近く業者と契約し、来年3月下旬のオープンを予定している。