小池栄子がTOKIOにド緊張!?「腹を割るにはあと20年かかります(笑)」

©株式会社フジテレビジョン

8月5日(水)23時より、フジテレビでは『TOKIOカケル』が放送される。

今回のゲストは13年ぶりの登場となる小池栄子。女優としてさまざまな賞を受賞しながら、タモリ、古舘伊知郎、そして作家の村上龍ら、名だたる大物著名人たちとMCを務める、バラエティー番組でも唯一無二の存在感を放つ小池。

そんな小池が「芸能界でいちばん緊張する人」は、TOKIOなのだとか。そんな中、国分太一が「今日は13年ぶりに腹を割って話しましょう!」と意気込み、仕事論から恋愛観、プライベートの交遊録まで、熱いトークを繰り広げていく。

まずは、TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれたことがないであろう質問をゲストにぶつける企画「生まれてはじめて聞かれました」。

これまでの小池の活躍を振り返るVTRを見終えると、松岡昌宏が「スタジオに入ってきた時のカリスマ性見ました!?華あるなぁ!」と小池のオーラに圧倒されたことを明かし、国分が「スタジオに入るところで(仕事の)スイッチ入るんですか?」と質問。

しかし、「特にないですね。皆さんは持っていますか?」と振り、TOKIOに話を聞いていく展開に。すると城島茂が「スイッチはみんなあるでしょう」と話し始めるが、小池は「スイッチ、持ってないですよね」とすかさずツッコミ。早くも番組のペースを作り出す“バラエティー女王”小池に、国分らは「この時点でもう小池さんの番組じゃん!」と感嘆の声をあげる。

これまで名だたる著名人たちとMCとして番組を仕切ってきた小池に、「プライベートでの交流はありますか?」と国分が聞くと、「自宅に松本人志さんが…」「タモリさんに“おっさん、うるさいなー”と言い続けた」と驚きのエピソードが次々に披露され、TOKIOも大興奮。小池だからこそ知る、大物著名人たちの意外な素顔が明かされる。

また、小池と同じく“バラエティー女王”と呼ばれる指原莉乃についても言及。「本当にすごいと思う」と明かす、“元祖・バラエティー女王”小池が分析する“指原のすごさ”とは?

そして、男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を刑事に扮(ふん)したTOKIOが選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を、女性刑事に扮(ふん)した小池に判定してもらう企画“完全に好きアピ警察24時”も実施。

まず長瀬が「2ショット自撮りとる時に距離が近い」女子の行動を選ぶが、小池の判定は「シロ」。自身は仲が良い異性と2ショット写真を撮ることも多いという小池が、「恥ずかしくて言えません!かっこよすぎて無理です」と明かした相手は、なんと長瀬。そんな憧れの長瀬に対して、「純粋すぎる!」とまさかの大説教!?

MCで培った小池の鋭い観察力を前に、 TOKIOが「今までの女刑事たちとは違うぞ!」とヒートアップする“好きアピ捜査会議”にも注目だ。

<小池栄子 コメント>

――13年ぶりの出演でしたが、いかがでしたか?

そんなにあいていたんだ!と驚きました。今日も楽しかったです!でも、やっぱり緊張しますね。TOKIOの皆さんは才能がパーフェクトすぎて、かっこよさ、生き方への憧れが強すぎて緊張してしまいます。

「今日は腹を割って話しましょう」と言っていただきましたが、そうなるにはあと20年くらいかかります(笑)。

――TOKIOからいろいろな質問をされる立場でしたが、反対にTOKIOに聞いてみたかったことはありますか?

私は後輩とどう付き合っていいのか悩むことがあるので、後輩の多いTOKIOさんに4人それぞれの接し方、距離感を聞いてみたいです。

―― “好きアピ警察24時“はいかがでしたか?

松岡さんとは気が合うな、リーダー、長瀬さんは少年のまま大人になったのだなと思いました(笑)。

いちばん女性に気をつけた方がいいと思うのは、長瀬さん。メンバーの皆さんもおっしゃっていましたが、本当にまっすぐな方。だからこそ、長瀬さん自身も女子に対して“私のこと好きかも”と思わせぶりなことをしてしまっているかも?優しい少年のような方なので、罪深いですよね(笑)。

――みどころなど視聴者の方へメッセージをお願いします。

視聴者の方は気づかれないかもしれませんが、ここ10年でいちばん緊張している私が見られます。緊張を隠そうと思いながら話している、普段とは全然違う私を見ていただけたらと思います(笑)。