【日録交通死亡事故】6都県7人(8/4)

愛知で1日2件、青森県平川市で2年4か月ぶり

©合同会社交通時象社

警察庁交通企画課まとめによる交通事故死者日報によると、8月4日(火)付では6都県で7人が新たに確認されています。
各都道府県警察発表・報道等からの詳細は下記のとおりです。愛知県で1日2件発生したほか、青森県平川市で約2年4か月ぶりの発生となりました。
≪本年217日目:累計1569人(前年比-104)≫

■青森県:1人<14人(-10)=40位>
・平川市(3日夜) 本年初
 市道で軽トラックが道路脇の崖下に転落事故、60代後半女性が死亡〔青森県警/青森朝日放送など〕

■茨城県:1人<46人(-11)=11位>
・水戸市(13:45頃) 本年3件目
 国道50号交差点でで清掃作業員がパッカー車と接触事故、50代後半男性が搬送先の病院で死亡〔茨城新聞〕

■東京都:1人<81人(+19)=3位>
・練馬区(17:10頃) 本年3件目
 都道(青梅街道)信号交差点で、信号待ちの原付にトラック追突事故、前方の3台にも衝突、原付の50代前半男性が搬送先の病院で死亡、別のバイクの男性も負傷〔東京新聞〕

■愛知県:2人<88人(+9)=1位>
・岡崎市(09:15頃) 本年7件目
 県道でバイクが転倒、対向車線のトラックと接触事故、バイクの10代後半男性が死亡〔愛知県警/中京テレビ〕
・田原市(14:24頃) 本年2件目
 県道でトラクターが道路脇の水路に転落事故、30代前半男性が死亡〔愛知県警/中日新聞〕

■三重県:1人<46人(+6)=11位>
・松阪市(深夜) 本年7件目
 県道で道路横断の自転車と軽乗用車の接触事故、自転車の50代後半男性が死亡〔三重県警〕

■福岡県:1人<50人(-3)=10位>
・福津市(5月8日23:10頃) 本年2件目
 国道495号で乗用車と軽乗用車の正面衝突事故、乗用車の40代前半男と、軽乗用車の30代前半男性が搬送先の病院で死亡。その後の捜査で乗用車の男が自殺目的で故意に事故を起こしたとみられるとして容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検〔NHKなど〕