嵐、ファンとのバーチャル大合唱は“宝物”「すごく幸せな気分に」

©株式会社マイナビ

アイドルグループ・嵐の大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が5日、都内で行われた「ソフトバンクと嵐の5Gプロジェクトに関する発表会」に出席した。

ソフトバンクと嵐は、5G(第5世代移動通信システム)時代を見据えた新しいエンターテインメントの可能性に挑戦するプロジェクトを開始。第1弾として、嵐の人気楽曲「Love so sweet」をファンと一緒にバーチャルで合唱する参加型プロジェクト「5Gバーチャル大合唱」を展開する。

「5Gバーチャル大合唱」は7月18日~22日に映像を募集。8月7日より放送を予定している嵐を起用した新テレビCMで、嵐とファンが大合唱する映像の一部が採用されている。

この日の発表会ではその新CMをお披露目。松本は「本当にたくさんの方が参加してくださいました。ありがとうございました。そのおかげで素敵なCMになったと思います」とファンに感謝し、「第1弾なのでこれからもっともっと5Gの技術を使って見たことのないワクワクするようなコンテンツを作っていけたらと思っているので、今後もみなさんと一緒に楽しんでいけたらと思います」と語った。

櫻井は、ファンとの“共演に”「こうやってファンの方に参加していただくCMは初めてじゃないですかね。仕上がりを楽しみにしていましたし、撮影現場では5人だけの撮影だったので、どんな風になるのか想像はしていましたけど、想像を超える仕上がりになったと思います」と仕上がりに満足していた。

グリーンバックの空間で撮影した現場の様子も紹介され、司会者が大野に「なかなか仕上がりの映像を想像するのは難しかったのでは? 予想通りでしたか?」と尋ねると、大野は「そうですね。予想通りですね」と答えて笑いを誘い、櫻井が「想像力豊かだから。すぐ把握できちゃう」とコメント。大野は改めて、「やっぱり難しいですね。でも仕上がりを見てびっくりしました。こうなるんだって」と感想を述べた。

二宮は、司会者から「嵐のみなさんが指揮するのに合わせて歌えるというのはファンの方にとっては一生の宝物になりますよね?」と聞かれ、「(一生の宝物に)なってくれたらいいなと思いますけど、僕らもそうですよね。ファンの人たちと一緒に。僕らにとってもうれしいことでしたね」と、メンバーにとってもファンとのコラボレーションは一生の宝物になったという。

そして相葉は、「あれだけのファンのみなさんの声が重なるとあんなに迫力があるんだとびっくりしました。場所は違えど1つになることができているんじゃないかなと、すごく幸せな気分になりました」と語った。